実は違う、極度額と限度額の違いとは?

極度額と限度額、同じような扱いで考えている人が多いですが、厳密には少し違います。

極度額と限度額の違いについて解説します。

・限度額とは

限度額とは「現在借りる事が出来る総金額」のことを言います。

借りるごとに契約を結びなおすのではなく、限度額の範囲内であれば何回も借りる事が出来ます。

・極度額とは

極度額とは「現在、契約の上で借りられる最高の金額」のことを言います。

聞こえ方は限度額に通って混乱してしまいますが、少し違う類のものです。

・限度額と極度額の違いとは

限度額と極度額の違いは2段階になっている点です。

例を出すと、極度額200万円(内限度額100万円)の場合最初の内は100万円までしか使う事が出来ません。

但し、与信は200万円まで与えられていますので、限度額を200万円まで引き上げる事が出来ます。

引き上げる時は、お金が必要になった時に金融機関に通達する、一定期間キチンと返済が出来たら自動的に極度額まで引き上げられるなど様々なタイミングが想定できます。

例えば申し込みを行った時に、会社が休日で在籍確認が出来なかった場合、10万円だけ貸せますという提案が金融機関からなされる事があります。

極度額は100万円ですが、限度額は10万円で、在籍確認の後に限度額を極度額に引き上げると言った使い方が可能です。

カードローンにおいての限度額は相当なケースが無いと極度額と一緒になる事が多いようです。

増額の際は極度額を増額してくださいというようにして下さい。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ