プロミスの在籍確認はアルバイト先に電話かかる?

プロミスではアルバイトの方の在籍確認は、バイト先に電話する事で行っています。

職場への電話確認が最も手っ取り早く確実な方法なので、多くの場合はこの方法をとっています。

アルバイト先には、
① 個人名で電話をかける

② 「どなた?」と尋ねられたら、知人ですと答える

③ 非通知でかけ、プロミスの名前は名乗らない
といった配慮をおこない在籍確認を行いますので、プロミスである事はバレません。

ただし、アルバイト先に個人名でかけてくる人は少ないので、ある程度準備をしておいたほうがいいでしょう。

プロミスの在籍確認で、アルバイトの方の切り抜け方について解説します。

・プロミスの在籍確認の時間指定をする

バイト中に電話が掛かってくるのは、何となくサボっているようなイメージになります。

忙しい時間中に在籍確認の電話がかかって来るのは避けたいものです。

飲食店でバイトしている方などお昼時の忙しい時間に電話がかかって来るのはイメージが悪くなります。

プロミスの場合では在籍確認の電話を時間指定することができます。

忙しい時間をさけてもらいましょう。

・ある程度、在籍確認の言い訳を考えておく

携帯電話が当たり前になっている今、バイト先の固定電話に個人名で電話してくる人なんてあまりいませんから、ある程度言い訳を考えておいた方がいいでしょう。

『クレジットカードを作った』と言っておけば、プロミスでキャッシングを考えている事はバレません。

社会人としてはクレジットカードはひとりで複数枚持つような人もいますので、申し込むことはなにも問題ないでしょう。

プロミスの場合では在籍確認の電話は、アルバイトの方の場合、勤務先である職場にかかってきます。

自分が不在であっても、電話対応してくれた同じ職場の方が、休みと伝えてくれることで、在籍を確かめるという審査としては通った事になるので大丈夫です。

また、忙しい時間をさけてもらうなど、根回しをキチンと行い、在籍確認の電話を切り抜けてください。

このページの先頭へ