借り入れ利用明細書を自宅に郵送させない借り入れ方法とは?

自宅に金融業者から郵便物が届くと、同居している家族にカードローンの利用がバレてしまう可能性があります。

金融機関によっては、利用明細書が送られてくることがありますから、出来ることなら郵送して来ない方が良いですよね。

銀行やクレジットカードなら良いですが、消費者金融となると借金のイメージを抱く人も少なくありません。

家族に内緒、または無断でお金を借りている事が知られてしまうと、問題になってしまいます。

家族観のトラブルを避けるためにも、内緒での借金はよくありませんが仕方ない事情があり消費者金融を利用するとなると、家族にバレないように強力してくれる金融業者があると助かります。

どうすれば自宅に郵便物が届かないように出来るか紹介します。

WEBで確認が出来るサービス

最近は各社ともWEBで利用明細を確認できるサービスを取り入れていますから、自宅へ郵送されることは少なくなっています。

自宅は利用明細書が送られている場合には、設定がそのようになっている可能性がありますから、今一度確認してみましょう。

自宅へ送られてくるケースは他にもある

大手の金融機関から利用明細書が送られてくることは少ないのですが、規模の小さい貸金業者からは借入するたびに明細書が郵送されることがあります。

また、利用明細書以外にも増額案内が届くこともありますし、返済の遅れがある場合には催促のハガキが送られてくることがあるんです。

支払いの遅れは信用情報機関に記録されますから、期日に必ず返済するようにしましょう。

利用明細書の郵送を拒否することは出来ない

金融機関から送られてくる郵便物は、本当にその場所に住んでいるのか確認するという意味も含まれているので拒否することは出来ません。

大手の消費者金融を利用する

アコムやプロミスといった大手の会社ではWEBで利用明細を確認出来ますし、安心出来ます。

利用明細書が送られてくる金融業者を利用している場合には、大手の消費者金融へ借り換えすることをオススメします。

このページの先頭へ