信用情報を開示する事はカードローン審査にどう影響するのでしょうか?

信用情報の開示をすると、信用情報機関に記録されます。

この記録はカードローン審査に影響があるのでしょうか。

信用情報の開示がカードローン審査に与える影響度合いについて解説します。

・信用情報の開示でカードローン審査にどう影響がある?

ご自身の信用情報の開示ではカードローン審査にはほとんど影響を与えません。

信用情報機関に情報開示したログは残りますが、金融機関全てで特に気にしない物なのです。

情報開示したログを見ても、マメな人だなと感じる程度で審査とは別にとらえられます。

・信用情報の開示は6か月たつと消える

ご自身の信用情報を開示したログは何時まで保存されるのでしょうか。

信用情報の開示をしたログは、他の金融機関同様6か月後に消去されます。

以降は普通の状態に戻りますので、永久に記録されるわけでは有りません。

・審査に通らないと思ったら、信用情報の開示をする

返済能力はあるのに、他から借入が無いのに審査に落ちたと言った不可思議な事が起こった場合があると思います。

そんな時は信用情報の開示を行ってみてください。

信用情報の開示を行えば原因が判明しますし、開示を行ってもカードローン審査には影響しません。

信用情報の開示は状況を判断できるとても便利な制度です。

ちょっとおかしいと感じたら、信用情報の開示を行ってみるといいでしょう。

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ